福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

自己紹介

自己紹介② 「夏の終わりのサンゲキー」

投稿日:2019年9月3日 更新日:

 

最近は、堅苦しい記事が多いので、自己紹介記事を書きます。

若干のホラーも入っておりますので、そういうのがダメな方は、ご遠慮ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「夏の終わりのサンゲキー」

福岡男は、多趣味です。

面白い、楽しいと聞けば、とりあえずやってみる派です。

 

一時期、はまっていた趣味は、「一人カラオケ」です。

 

カラオケ館というカラオケ屋さんに、一人カラオケ用の部屋があります。

2畳くらいの狭い部屋でしょうか。

ワンドリンク、2時間で1,000円しないくらいの値段だったと思います。

 

職場の同僚が、ストレス解消にいいよ、と言っていたので、とりあえず行ってみたらハマりました。

 

ただ、初めて行った時に、悲劇が起こりました。

 

とある土曜日の朝、カラオケ館に行きました。

入店し、2時間と伝え、ドリンクを注文しました。

部屋に案内されます。

歌いたい曲をセットします。

この時セットした曲は「夏の終わりのハーモニー」。

ちょっと上の世代の曲です。

玉置浩二の曲です。

一番を歌い終わります。

二番を歌い終わります。

最後のサビを歌い終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お上手ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人用の部屋なのに、後ろから声が聞こえます。

恐る恐る、振り向きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリンクを持った定員が立っています。

 

 

 

 

 

 

 

「定員さん、いつからいたんですか?」

 

 

 

 

 

「すいません、二番の途中からです」

 

 

 

 

そうです。

そうなんです。

 

ドリンクを注文してたことを、すっかり忘れていたのです。

 

「夏の終わりのハーモニー」という曲は、熱唱系のバラードなんです。

玉置浩二なんです。

30代の男が、一人で熱唱している訳です。

30代の男が、玉置浩二風に歌っている訳です。

「な~きな~がら~~~♪」というサビもある訳です。

 

定員さんは大学生くらいの女性でした。

顔が苦笑いでした。

 

さぞ、気持ち悪かったでしょう。

さぞ、おぞましかったでしょう。

土曜の朝に、一人のおっさんが、バラードを熱唱しているんですから。

 

これでも、備えは万全にして来たんです。

「おっさんが一人でカラオケに来た」と馬鹿にされないように、無駄にお洒落をして来たのです。

受付でも一部の隙も見せずに、スマートに「一人部屋で」って言えたのです。

 

「イケてる、お洒落で、スマートなおじ様作戦」が、もろくも崩れ落ちたのです。

 

 

ただですね。

なぜ、二番が終わった段階で、声を掛けてくれなかったのか。

なぜ、最後まで、聞いていたのか。

 

 

生殺しじゃないですか。

あまりにも惨めじゃないですか。

 

 

どうせその後、

「きもいおっさんがバラード熱唱、マジウケる」→Tweet→「いいね」

とかやってるんでしょう。

 

監視カメラ見ながら、「このおっさん玉置浩二熱唱してたよ 笑」

とかバイト仲間に言ってるんでしょう。

 

 

 

いいんです。

忘れていた私が悪いんですから。

 

 

結局、なぜ声を掛けてくれなかったのかは分かりません。

 

あまりに残念な光景に、言葉も出なかったからなのか。

一人のおっさんに対する、憐みの情からなのか。

 

今となっては、真相は闇の中です。

 

それ以来、私は一人カラオケに行くときは、常に背後に気を配ります。

二度と、惨劇を繰り返さないために。

二度と、被害者を出さないために。

 

終わりに

あなたも他人ごとではありません。

明日は我が身です。

歴史は繰り返すのです。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶのです。

 

私があなたに言えることは、ただ一つ。

 

「背後には常に気を付けてください!」

 

 

以上、「夏の終わりのサンゲキー」でした。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加



-自己紹介

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary