福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

NFLX その他個別株

【NFLX】ネットフリックス 四半期決算分析!良好な海外市場!

投稿日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
ネットフリックスの決算、良かったと思います。

【NFLX】ネットフリックスの決算は良好

ネットフリックスのQ3決算は個人的には良かったと思います。

売上高は予想と一致する52.5億ドル

EPSは予想上回る1.47ドル

アメリカの契約者数 51万7,000人増加(予想下回る)

ここまでを見ると、まずまずと言えると思いますが、個人的には海外の貢献利益率の改善がプラスポイントだと思いました。

 

【NFLX】ネットフリックス 貢献利益率改善

貢献利益率をIRに従って、まとめてみました。

貢献利益とは何ぞやといいますと、売上高−変動費-直接固定費の算式で算出される数字で、部門別の利益を出すときに使われます。

特定の部門(地域)の利益が出ているかが分かる指標です。

まぁ営業利益の親戚みたいなものですね。

最近、私もこの指標を仕事で使うんですが、この数字を会計に反映させるのが、まぁ大変です(;^_^A

 

以前の銘柄分析でも触れましたが、ネットフリックスの今後の狙いは海外市場です。

ただ、年度で見た時の海外市場の貢献利益率はあまり良くありませんでした。

原因は、売上単価の問題やマーケティング費用だと思います。

個人的には、そこが改善しているかどうかに注目していたんですが、

 

結果は良好でした。

過去3年分の売上高、貢献利益率を載せてみました。

海外市場の数字がみるみる改善しているのが分かると思います。

 

「私の会社は売上○○だ」という社長さんがいらっしゃいますが、会計を扱う仕事をしている側からすると、売上高より、営業利益の方がはるかに重要です。

売上高を上げるために事業をしているわけではなく、利益を残すため、ひいてはキャッシュを残すために、事業をしているわけです。

そのため、営業利益や営業利益率の改善といった点はいつもポイントになります。

そうした点からすると、ネットフリックスの四半期決算は良かったと思います。

 

上記は、有料会員者数です。

こちらも、海外部門が伸びていますね。

経営戦略としては、順調と言えると思います。

米国の有料会員数に注目が集まりますが、私は、海外の有料会員数が伸びているかが、より重要だと思います。

米国は現状維持でもいい気がします。

ネットフリックスに関しては、アメリカ市場という基盤が出来た事から、更なる事業拡大を目指して、海外に挑戦しているところです。

経営戦略を考えると、米国の内容より海外市場に着目することが、よりネットフリックスを分析する上で重要だと個人的には思います。

 

ですので、決算においても、海外市場の伸び、貢献利益、貢献利益率の改善に着目することが、中長期的な投資の上で重要な見方になるのでは、と思っています。

短期的には、売上高、EPS、ガイダンスの三点セットなんでしょうけどね。

今回の決算で、海外市場の売上高、貢献利益率、有料会員者数が伸びていたことは、非常に良かったと思います。

 

【NFLX】ネットフリックス  まとめ

海外の売上高、貢献利益率、有料会員数、いずれの点をとっても、良かった決算だと思います。

このまま米国の数字を維持しながら、海外の市場を拡大できれば良いのではないでしょうか。

ただ、今後は米国の有料会員数の発表を行わず、トータルの有料会員数を発表するそうです(モーサテより)。

そうなるなら、このやり方での分析の続きが出来なくなりますね・・・

こういう分析は楽しいんですがね・・・

非常に残念・・・

 

関連記事です!

ネットフリックスの銘柄分析です。

【NFLX】ネットフリックス銘柄分析!国際部門の貢献利益が鍵!

ネットフリックスのライバルでもあるディズニの銘柄分析です。

【DIS】ディズニー銘柄分析!将来性十分の優等生!

ネットフリックスなどの動画配信コンテンツに関する記事です。

アメリカの動画配信コンテンツの多様化。「移籍先」についていく?



-NFLX, その他個別株

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary