福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

世界情勢、投資等

中国の経済統計は嘘ばかり?米中貿易戦争は永遠に

投稿日:

 

中国の経済統計の嘘

衝撃のニュースとなるか、ただのウソなのか。

中国人民大学の向教授が衝撃の発言をしました。

中国の2018年度の経済成長率は、政府発表だと6.6%でしたが、向教授によると1.67%だとのこと。

共産党批判を公然と行っています。

参照「絶体絶命の中国

参照「中国著名な経済学者、最新講演でミンスキー・モーメントに言及

 

これ、衝撃的なのが、中国第5位の大学の教授が発言したことです。

この向教授は、過激な発言をすることでちょっとした有名人みたいです。

ずっと前から、中国政府の公表する数字が嘘だと言い続けているみたいです。

この人の身辺、大丈夫ですかね。

ちょっと心配ですね。

 

中国の経済統計、真実かウソか

実際に、中国政府が発表する数字が真実かウソかは分かりません。

ただ、中国政府が発表する数字が真実だと思う方が無理がある、と個人的には思います。

共産党の利益になることなら、何でもやる国ですからね。

以前のNewsモーニングサテライトでも話題に上げられていましたが、中国政府が地方や個人の経済統計の水増しに対し査察に乗り出すそうです。

日経新聞も取り上げています。

参照「中国、経済統計「水増し」査察 22年までに全国で

 

地方からの報告に基づくGDPと国が集計したGDPに大きな乖離が、ずっとあるようです。

やっぱり出世に影響とかするんですかね。

「お前の管理する町の経済がよろしくない。左遷じゃ」みたいな事が、今でもあってるんでしょうか。

まぁ、皆がお上だけをみている世の中は、健全には動きませんよね。

 

中国の信頼スコアという闇

そういえば、中国に関しては、信頼スコアなる闇も存在します。

これは、国民個人に国が与える点数のようなもので、点数によって様々な特典や罰則があるようです。

wikipediaによると、国は2020年までに実装する。それに先駆けて、アリババやテンセントなどの顧客で実験する、とのことです。

「じゃあ、具体的にどんな影響があるの?」というと、wikiにはこうあります。

中国政府の「実装計画」では社会信用システムは2020年までに完全に実装される予定となっている。システムが一旦実装されれば、市民の個人的行動に基づいて賞罰を管理することになる。航空機や高速鉄道の利用禁止、私立学校からの排除、インターネット回線速度の低下、名声の高い仕事からの排除、ホテルからの排除、ウェブサイトメディアでの個人情報公開などの様々な処罰がある

これ、やばくないんですか。

端的に言えば、中国共産党にNG!とされた人は、中国社会から事実上締め出される措置と言えます。

大抵の人にとっては、悪い影響がない(むしろポイントに応じて特典があるようなのでプラス)ようですが、共産党に都合の悪いことは出来なくなります。

 

やっぱりこの国は、民主主義ではなく共産主義なんですね。

私の好きな映画に「善き人のためのソナタ」という映画があります。

冷戦下のソビエト連邦を描いた映画なんですが、「自由」「表現」といったものについて考えさせられます。

そこで描かれてるソビエト連邦の姿と大いに重なる部分があります。

中国は経済的には大きな飛躍を見せていますが、思想、主義としては全く進歩してませんね。

 

米中貿易戦争は永遠に

米中貿易戦争も、根本的な問題は進展していません。

中国の上記のような事実を考えると、永遠に米国とは相いれないでしょうね。

米国はやり方はともかく、「自由」を掲げる国ですので。

そうした意味で、中国は米国株にとって永遠の重しとなる国かも知れませんね。

部分的合意をするようですが、根本的な所で水と油の両国は、いずれは大きな火ぶたを切る気がしてなりません。

 

 



-世界情勢、投資等

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary