福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

その他個別株

暴落の悲劇にもめげずに株を買うという事

投稿日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
先日お伝えした、隠し銘柄についてお伝えします。

現在の状況

先日、全ての株式を売却し、米国株の大きな調整に備えています。

米国債で構成される、VGLTを購入したいんですが、まだまだ高いですね。

 

債券がバブルを迎えていると言われています。

マイナス金利にも関わらず、債券市場に対する資金の流入が止まらないからです。

参照「米債券ファンド、7-9月期に10兆円超流入

記事では、利下げを意識して資金が流入されていると報じられていますが、債券はとても人気ですね。

ただ、債券が大きく調整する時は来ると思います。

その時、VGLTも釣られて下落すると考え、もう少し購入は待とうかと思います。

 

という訳で、株価をチェックする習慣もなくなりつつあり、ちょっと寂しい決算シーズンを過ごしています。

ただ、先日の記事でもお伝えしましたが、全ての株式を売ったと言って置きながら、実は一つだけ保有している銘柄があります。

私が最初に買った銘柄であり、米国株投資に対する大きな影響を与えてくれた銘柄でもあります。

知る人ぞ知るその銘柄は、【OTIC】オートノミーという悪魔になります。

 

【OTIC】オートノミーという悪魔

オートノミーという銘柄はとてもマニアックな銘柄で、決算発表があってもメディアで報じられることはありません。

報じられないという事は、そう、市場から見捨てられた銘柄になります。

この銘柄を購入する契機は、マネックス証券で広瀬隆雄さんが有望IPO銘柄として紹介していたためです。

耳に関する治療薬を開発している会社で、メニエール病の特効薬を作っているとかだったと思います。

知り合いにメニエール病で苦しんでいる人がいる事。

その当時、アメリカで100万人くらいの患者がいるという事。

そうした点も踏まえ、これは来るぞと思い購入しました。

購入額は30万程ですね。

 

ところが、購入直後、新薬の承認が下りず、一気に株価は暴落しました。

この銘柄は、他に対した商品がないんですよね・・・

では、今現在(10月26日)どうなっているかと言うと


-93.80%の含み損になっております。

 

買ってしばらくしてから、株価をチェックして震えましたね。

初めて買った米国株で、いきなりこれですからね。

普通は損切をするんでしょうが、損切をする暇もありませんでした。

あっという間に現在の状況まで落ちました。

私は、米国株の暴落に立ち会っていませんが、個別株の暴落には直ぐに立ち会えたわけです。

 

この暴落から学んだこと

オートノミーという銘柄は、小株かつIPO株かつバイオ株(大した商品がまだない)という素晴らしいステータスを持っていました。

そりゃ、新薬の承認がこけたら、暴落しますよね。

当時は株価チェックとかも逐一してなかったのも痛かったです。

 

この悲劇から私は、次の事を学び、歴史の教訓としました。

  • NO 小型株
  • NO IPO株
  • NO バイオ株(商品がまだない)

この教訓のため、知名度もあって、規模も大きく、自分が知っている企業を買うという今の投資スタイルを築くに至りました。

オートノミーを売って、損益通算の材料にしてもいいんですが、この悲劇を忘れないための「慰霊碑」として、ポートフォリオに残したいと思っています。

 

悲劇のあと

この悲劇の次に買った銘柄は、ビザカードです。

直ぐに利益を乗せてくれたので、すごく、すごく救われましたね

その次に買ったのが、IBM( 一一)

こうして、私の米国株投資の歴史は始まっていきました。

 

そうやって振り返ってみれば、最初に痛い目に会って、それでもめげずに、次の投資を行って良かったと思います。

オートノミーの悲劇で退場していたら、震える老後を過ごしていたかもしれませんしね。

その後は色々調べて投資をするようになったので、まぁいい授業料でした。

結果的に見れば、「雨降って、地固まる」ですね!

これからも「慰霊碑」の事を忘れずに、投資にまい進したいと思います。



-その他個別株

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary