福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

福岡 税務署、税理士、会社経営

福岡県の景況感がすこぶる悪い

投稿日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
福岡県の景況感がすこぶる悪いんです。

福岡県の景況感

タイトルの通り、福岡県の景況感がすこぶる悪いです。

私は、常日頃、色んな経営者の方、税理士の方、公認会計士の方、税務署の方などに会う事が多いです。

最近会う人、会う人、皆景況感が悪いと言っています。

 

福岡県は、「中洲」という消費、文化、交流の拠点を有していますが、中洲に落ちたお金が天神、博多を通じて、福岡県に広がっていく流れを持ちます。

そして、「中洲」にまずお金を落としてくれるのは、建設業や製造業の方などになると思います。

そのため、福岡県は公共投資依存度が高い県のようです。

ところが、現在公共事業は抑制されています。

公共事業抑制の流れは、確実に福岡県の経済に悪影響を及ぼしています。

過度な公共事業は確かに不要ですが、ただ、経済の停滞感は結構強いです。

カンフル剤が必要だとは思うのですが。

 

中国経済の悪化

中国の景気に関して、良くなっているとも、悪くなっているとも言われています。

個人的には、悪くなっていると思っています。

というのも、中国と取引をしている企業の業績が悪くなっているためです。

特に、重機関連の会社などは、中国の設備投資の低下の影響をもろに受けている感があります。

先日、お会いした経営者の方も、ここ2、3年は耐え時だとおっしゃっていました。

中国依存度が高い企業は、やはり苦しい状況です。

良くなるどころか、明らかに悪くなっていると感じています。

 

インバウンドの減少

2年ほど前までは、インバウンドが好調でした。

中国や韓国の旅行者が、福岡に来て、キャナルシティ、太宰府天満宮、天神、博多周辺の免税店などに、お金を落とし帰っていくという流れが確立していたようです。

観光客向けの商売も盛んだったようで、観光客ガイドなどで生計を立てている人もいたぐらいです

そのこともあってか、福岡国税局(税務署の本部です)が国際課税に注力していたほどでした(調査目標などもあったぐらいです)。

ただ、明らかにインバウンドは減っています。

これは、特に韓国のインバウンドですかね。

太宰府天満宮という観光スポットには、多くの韓国人旅行者が訪れていましたが、今はかなり減っているとの事です。

 

県内の人手不足も影響

福岡県は、日本でも数少ない人口が増加している県になります。

九州中から人が集まってますからね。

ただ、人手不足の業種も出てきています。

建設業、清掃業、産廃業、介護業など、業種によっては人手不足が深刻です。

 

さらに問題なのが、人出不足の影響を受けて、インフレが起こっている感があります。

仕事はあるがこなせない状況であるため、単価の引上げが起こっているのです。確実に。

そのため、そうした業種から仕事を引き継ぐ業種にも、インフレが波及してきている感があります。

ただ、単価を上げれる所ばかりではなく、単価引き上げのあおりを受ける企業もあります。

景況感が良くなっている状況ならともかく、景況感は悪いですからね。

こういう状況をスタグフレーションというのでしょうかね。

銀行の融資基準が緩和されればいいのですが、ここ数年で倒産に追い込まれる企業も増えるのでないかと思います。

ちょっと、暗い見通しです。

この状況でオリンピック不景気とかが来たら・・・

考えたくないですね。

 

まとめ

普段、米国、中国、日本、と大きく括って景況感などを考えるんですが、「福岡」という地域に限ってみれば、ちょっと厳しいなと感じます。

投資も含めてですが、もっと活気が戻るような流れになればいいですね。

現場からは以上です。



-福岡, 税務署、税理士、会社経営

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary