福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

税務署、税理士、会社経営

税理士は不要?税理士を雇うメリット、デメリットについて!

投稿日:2019年8月21日 更新日:

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
ネット全盛の現在、皆さんは税理士は不要だと思いますか?
雇うメリット、デメリットを解説します!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士は不要?

税理士はいらない、税理士は不要だ!

税金のことなんてネットで調べれば出てくるし、税務署なんて来るか分からん!

税理士を雇うメリットより、税理士にお金を払うデメリットの方が大きい!

大体、何をしてくれるのか、ホームページを見てもさっぱり分からん!

税理士なんて、10年後無くなっている職業だろ!

 

ネットを見るとこんな意見がちらほらと、見受けられます。

税理士は、本当に不要なんでしょうか。

現場にいる人間の本音としては

 

 

 

 ほとんどの人には不要です!

 

 

個人事業をされている方、副業をされている方、小規模の法人を経営している方にとっては、

はっきり言いまして、税理士は 不要です!

 

何故、不要か

皆さん、分からないことがあれば、いつもどうしていますか?

グーグルで検索しますよね?

または、書籍等で調べますよね?

情報が溢れている現代社会においては、税理士を雇うメリットはかなりの部分が失われています。

 

従来の税理士の業務は、

  • 会計入力をする
  • 税務的判断をする
  • 税務に関する相談に乗る
  • 申告や届け出など、役所との折衝をする
  • 給与や税金の計算をする
  • 税務調査に関する対応をする
  • 資金繰り、経営のアドバイスをしてもらえる

などがありました。

ところが、情報にアクセスできる環境であること、AIが発達したこと、その他の事情により、上記の業務の必要性に関して、疑義が持たれます。

  • 会計入力をする←AIを駆使した会計ソフトで賄える
  • 税務的判断をする←グーグル先生で調べる
  • 税務に関する相談に乗る←グーグル先生や無料相談で聞く
  • 申告や届け出など、役所との折衝をする←税務署のソフトを利用して自分でできる
  • 給与や税金の計算をする←会計ソフトのオプションを利用
  • 税務調査に関する対応をする←どうしようもないが、そもそも調査ってそんなに来るの?
  • 資金繰り、経営のアドバイスをしてもらえる←とは言うものの、そこまでしてくれる税理士ばかりじゃない。というかそこまでしてくれる税理士はあんまりいない。

 

どうでしょうか?

税理士と顧問契約を結ぶ必要性を感じますか?

私が個人事業をするならば、税理士は雇わない、

もしくは、確定申告だけ依頼し、顧問契約は結ばない、といった選択をすると思います。

 

税理士を雇うメリット

それでも税理士を雇うメリットもあります。

  • 会計ソフトの機能を覚える煩わしさ、会計入力の負担からの解放
  • 自分で調べる時間の節約、自分で調べ、間違った判断をするリスクケア
  • 申告や届出の手間を省く
  • 税務調査に対する不安の軽減
  • 色んな相談に乗ってもらえる
  • 税理士が申告をすると税務署に対するけん制になる
  • しっかりとした税理士に当たれば、資金繰りや経営のアドバイスをもらえる。

税理士を雇うデメリット

税理士を雇うデメリットとしては次のことが挙げられます。

  • お金がかかる
  • 税理士に任せっぱなしにした場合、社長の数字を見る目が養われない
  • 能力の低い税理士に当たった場合、会計、税務がめちゃくちゃになる
  • 高齢の税理士が多いため(税理士の平均年齢は65歳前後です)、やりとりでストレスが溜まる(lineやチャットが出来ない税理士が多い)
  • 高齢の税理士が多いため、急に廃業になる(今までのお金と時間が無駄に)

などではないでしょうか。

 

じゃあ、何で福岡男は税理士を目指すのか?

それでも、福岡男は税理士を目指しています。

福岡男は、上記のような従来の税理士の業務とは違うことをしたいので、税理士を目指しています。

従来型の税理士業務だけでは、この仕事は不要になると分かっています。

福岡男が理想とする、目指している税理士は次のような税理士です。

  • 利益だけでなく、キャッシュフローや資金繰りなどの総合的な視点を提供できる(資産運用の知識がものすごく役に立ちます)
  • マーケティングや、SEOなどに関する実体験に基づくアドバイスができる(ブログを始めた理由の一つです)
  • 事業で稼いだお金を運用するための生の情報を提供できる(そのための資産運用でもあります)
  • 将来の家族設計を意識したお金の管理ができる(税理士資格の次はFPの資格をとります)
  • 数十年、一緒に仕事ができる(40歳までに資格をとって独立します)
  • 税務署を意識した会計処理、内部資料の作成、税務署との交渉をしっかりやれる(実は税務署の内部事情にかなり詳しいです。税務署に対する不安を払拭できます)
  • 適正な料金設定(副業等で収入を十分確保出来れば、高額な顧問料は不要です)

といったところです。

上記を一言でいうと、

 

 

お客さんの事業や私生活のインフラに

私はなりたい!

 

 

これからの税理士は従来型の業務+αがなければ、それこそお金の無駄と言われる仕事になると思います。

逆にいえば、+αを出来る税理士であれば、その価値は計り知れないものになるはずです。

私は、従来型とは差別化された、新時代型の税理士として活躍したいと思っています!

 

福岡男
福岡男
長く、険しい道のりだと思いますが、全身全霊で挑みたいと思います!

 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



-税務署、税理士、会社経営

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary