福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

DIS その他個別株

【DIS】ディズニー銘柄分析!将来性十分の優等生!

投稿日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
今回はディズニーの銘柄分析を行います。
ちなみにタイトル下の画像は「ネズミ」です。ほんとどうでもいいんですけども、一応(;^_^A

このエントリーをはてなブックマークに追加

【DIS】ディズニー 基本情報

ウォルト・ディズニー・カンパニーの歴史は古く、1923年にウォルト・ディズニー、ロイ・オリヴァー・ディズニーによって創立されました。

本社のウォルト・ディズニー・スタジオに加え、子会社にはピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、20世紀フォックスなどが並び、そうそうたる布陣を敷いています。

また、ディズニーはHuluやディズニープラス(2019年11月開始予定)などの動画配信コンテンツにも力を入れています。

映画、動画配信コンテンツ、テーマパーク、物販、あらゆることにブランド価値を落とし込んで収益源としています。

 

ディズニーの一般的なイメージはやはり、ディズニーランドじゃないでしょうか。

私も東京にいるころ、一回だけディズニーシーに行ったんですけども、地獄を見ましたね。

私はジェットコースターが苦手なんですが、もうね、一日恐怖でした 笑

ジェットコースターが苦手な人は分かると思うんですが、「怖い!」っていうより「死ぬっ・・・」って感じになります。

もう二度と、テーマパークには行かないと誓いました。

 

【DIS】ディズニー 財務分析

それでは、財務分析に移ります。

【DIS】ディズニー 売上高/営業利益/当期純利益

売上、営業利益、当期純利益ともに堅調そのものですね。

営業利益率も25%弱あります。素晴らしいですね。

 

【DIS】ディズニー キャッシュ・フロー

キャッシュフローも潤沢で、営業キャッシュフローマージンも20%を超えており、何の問題もないですね。

投資キャッシュ・フローの内容として、テーマパーク関連での支出が2017年36億ドル、2018年44億ドルあります。おそらくテーマパークの拡張費、メンテナンス費や維持費関連のものだと思います。

テーマパーク関係の売上高がそれぞれ180億ドル、200億ドルですので、それなりの出費になりますね。

安全性や機能性の改善のために、この辺の支出は恒常的に必要なものだと思われますので、多いと見るか少ないと見るか。

 

【DIS】ディズニー EPS/DPS/ROE

EPS、ROE共に右肩上がりです。

配当性向も余裕があります。

ディズニーは買収にも積極的ですので、配当よりも、事業にお金を使う方針でしょうか。

2018年のEPSの伸びは、実効税率の見直しに伴う繰延税金負債の再評価益21億ドルが含まれているようです。

これを除いてもEPSは7ドル弱ありますので、やはり順調な経営ですね。

 

【DIS】ディズニー 部門別売上高

メディアネットワークは、テレビやラジオ関連の部門です。

スタジオエンターテイメントは、おそらく映画関連ですかね。

消費者製品以外は基本的に右肩上がりです。

どの部門にもバランスよく力を入れているということでしょう。

 

こちらは、部門別の営業利益率です。

2018年は全部門で20%を超えています。

非常にバランスがいいですね。お荷物となる部門がないといえます。

こんな企業見たことないですね。

大抵お荷物の部門があって、それを改善している最中といった事が多いですからね。

他社のお手本となる企業です。

 

部門別売上高割合を見ても、2014年と2018年でそれほど大きな変化がありません。

事業自体が安定しているので、大きな変革は不要だということだと思います。

 

【DIS】ディズニー 地域別売上高

これは、かなり予想外でした。

ほとんど、北米の売上高です。

日本での人気も凄まじいですし、世界中に収益のネットワークを構築してると思ってました。

 

【DIS】ディズニー 所感

【DIS】ディズニー 将来性

ディズニーは、北米での売上高が75%ほどになります。

売上高が北米に偏っている理由は、2つ考えられます。

  1. 北米以外で受け入れられていない。
  2. 北米の売上高が他の地域よりめちゃくちゃ高い。

私は、2だと思います。ディズニーやマーベルなどの人気はやっぱり北米が高くなるでしょうしね。

ただ、日本、中国、ヨーロッパなどでも、もちろん人気がありますし、日本、中国で人気があるということは、アジア市場の開拓もできるということだと思います。文化的に近い部分がありますので。

特に、テレビ収益などのメディアネットワーク部門は、これから伸びていくでしょうし、設備投資等をそれほどしなくても、流通経路の確立も容易です。ネット媒体があればいいですからね。

そうすると、アジアの人口拡大、経済発展をそのまま収益に取り込めるということになります。

将来的には、アジア地域での売上高が北米に迫るのではないかと思います。

 

ディズニーのビジネスモデルは、魅力的なキャラクターやヒーローをブランドとして保有し、それをテーマパーク、映画、動画、アニメ、漫画、ゲーム、物販などに落とし込んで商品化することにあります。

そして、先述した通り、ディズニーの部門別の営業利益率はどの部門でも高く、安定しています

とすると、顧客を一度ディズニーの魅力に取り込んでしまえば、様々な形で、ディズニーに収益を落としてくれ、確実に利益となるということになります。

「今年はディズニーランドに旅行に行こう」「明日はスターウォーズの新作映画を見よう」「アベンジャーズの動画をみよう」「お土産にかわいいミッキーのキーホルダーを買おう」など、どんな形態であれ20%は利益になるのです。

ディズニーには、収益の柱が複数あるため、顧客への仕掛け方が多様化できるということですね。

ディズニーは、アマゾン並みに多角化に成功している企業ではないでしょうか。

 

また、ディズニーがマーベルやルーカスフィルムを買収したのも、ブランド力が確立しているキャラクターやヒーローを保有してしまえば、ディズニーはそれをあらゆる形で商品化できるからだと思います。

そして、20世紀フォックスの買収で、商品の流通経路を拡大できることになります。

ディズニーは買収により商品に落とし込めるブランドを獲得し、流通チャネルの整備も出来たわけです。

かなり計画的かつ将来性ある投資をしていると思います。

買収により自社の強みを拡張し、自社の強みと顧客を結び付ける経路をしっかりと増強する。

素晴らしい経営手法だと思います。

 

ディズニーには確固たる世界戦略とそれを実行できるブランド力、収益力、資金力があると思います。

この企業がこける将来があんまり想像できないんですよね。

これからも堅実に発展し続ける企業だと思いました。

 

【DIS】ディズニー 懸念

パリのディズニーランドは苦戦しています。

ただ、それはディズニーに人気が無いからではなく、ディズニーランド内の物販やホテルの収益が芳しくないからだそうです。あと、食事がまずいとのこと。

そのため、ディズニー本社が出資して改革に乗り出しています。

ディズニー自体の魅力云々ではなく、単純な運営の問題ではありますが、ちょっとした懸念点ではあります。

 

また、ディズニーの、特に子会社のキャラクターやヒーローは、若干アメリカ的ですので、それが新興国にそのまま受け入れられるのか、という点も懸念点だと思います。

といいつつ、私は問題ないとは思っています。

ディズニーには「スタジオジブリ」的な普遍的魅力を感じます。また、マーベル映画等も「ドラゴンボール」的な分かりやすい面白さがあります。ヒーローが苦戦するけど最後に悪に勝つ的な。何というか、難しくない魅力というのは世界共通で受け入れられる気がするんです。

しかし、日本人としての感覚ですので、もしかしたらあんまり人気がない可能性もあります。

調べても良く分かんないんですよね。東南アジアの人とかもスパイダーマンとか見るんですかね?

これから絶対取り込みたい市場でしょうから、ディズニーの将来的な発展のために、注視すべき部分だと思います。

 

後は、毎度おなじみの反トラスト法ですかね。こればかりは大手企業ほとんどが抱えるリスクですけども。

【DIS】ディズニー まとめ

ディズニー、いいですね。

かなり魅力的です。将来的に保有したいです。

しかも、色々と勉強になる。

ディズニーがこれから行う事がどんな戦略に基づくのか、逐一分析すると面白いかもしれませんね。

意味の無いことは絶対にしない企業でしょうし、足し算じゃなく掛け算で事業を行う企業だと思いますので。

 

ディズニーはマイクロソフトとの提携も発表しています。業務の一部をクラウドに移すことにより、更なる効率化、費用削減が図れると思います。

こちらの記事の一部で触れています。

参照「【MSFT】マイクロソフト 追加購入!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

記事には主観が多分に混じっていますので、投資は自己判断でお願いします。



-DIS, その他個別株

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary