福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

世界情勢、投資等

5G市場でちゃくちゃくと先行する中国

投稿日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
中国は知らない所で脅威となっています。

5G市場が花開くのはまだ当分先

【バロンズ】次世代5G規格、当面の勝者は中国か

ウォールストリートジャーナルの記事です。

スマートフォンの5G対応が話題になっていますが、ウォール街のアナリストは収益性に疑問を抱いているようです。

消費者にとっては、5Gはさほど意味を持たないと記事では言っています。

うーん、そうですかね。

5Gの特徴は通信速度の向上、低遅延、多接続にあります。

これってスマホで即座に動画が見れ、ネットに繋がりにくいイライラが無くなり、スマホで出来る事が増えるってことですよね。

結構、消費者のニーズを満たすと思うんですよね。

個人的にも、Youtubeとかがスムーズに見れたら、結構ありがたいです。

消費者にとって、めちゃくちゃ意味があるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

見解の相違ですね。

 

クアルコム(QCOM)の事もちょっとだけ記事になってて、クアルコムの5G担当重役ロレンツォ・カザッチア氏が、5Gに対する大きな期待を披露したそうです。

クアルコムは最近至るところに顔を出していますが、5Gの普及で利益を上げる企業になりますので、色んな所でリクルートをしているのでしょうか。

クアルコムは、近年業績が芳しくありません。

5Gひいては自動運転市場での巻き返しを図ろうと、クアルコムの生き残りをかけた戦いは始まっているのでしょうね。

 

5G市場で先行する中国

上記記事によると、来年末までには中国の300を超える都市に5Gネットワークが配備されるようです。

国単位で、5Gを後押ししているのでしょう。

この辺が中国の強みですね。周囲からの批判を物ともせず、国単位で何かを勝ち取りに行きますので。

 

「一帯一路政策」でも、5G政策が取り入れられているようです。

「一帯一路政策」は中国の国家戦略で、かつてのシルクロードのように、中国とヨーロッパの交通網を強化することです。

中国とヨーロッパまでの道筋には、多数の後進国がありますので、中国が莫大な予算を投じて開発を行っています。

2013年から昨年まで900億ドルを投じているようで、鉄道、港、電力、インフラまで、有りとあらゆるものにお金が使われています。

その中で、5Gの通信網を浸透させようとしているとのことです。

こちらの記事を参照しました。

1からわかる!中国「一帯一路」【中】向けられた疑念とは?

 

お金に物を言わせて、ガンガン投資をする中国。

倫理もモラルも無視して、ガンガン投資をする中国。

米国が本気でつぶしに来るのも分かりますね。トランプ大統領は結局どうしたいのかよく分かりませんが。

上記記事でも触れられていましたが、中国は後発国に投資(貸付け)をし、後発国を借金漬けにして、植民地のような状況を作っているようです。

今、何とかしないととんでもない事になるかもしれません。

トランプ大統領がどこまで本気で戦えるのか。

うーん、微妙ですね。

 

関連記事です!

5Gに積極的に取り組んできたスプリントの記事になります。

【S】スプリント銘柄分析!5Gを巡る競争激化必須!

クアルコムの銘柄分析になります。

【QCOM】クアルコム銘柄分析!残された時間は多くない?

中国は国内に大きな問題を抱えています。

米国の優位性はいつまで続く?中国が覇権国家となるか?



-世界情勢、投資等

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary