福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

世界情勢、投資等

世界の潮流の変遷。銘柄を保有し続ける難しさ。

投稿日:

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
世界の潮流の変遷について調べたところ、数十年一つの銘柄を持ち続ける事の難しさを感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国上場企業の時価総額

最近、米国上場企業の時価総額上位ランキングをネットでよく見かけます。

現在は、マイクロソフトが首位にいます。

その前は、アップル、エクソンモービル、ペトロチャイナなどが首位に輝いており、上位の顔ぶれも、常に変動しています。

まるでプロ野球の優勝チームのように、常に循環が起こっているように感じます。

 

世界の潮流の変遷

世界の潮流がどのように変化しているのか、こちらの記事が凄く分かりやすかったので、引用させて頂きます。資料等はすべてこちらの記事を参照させてもらってます。

 

 

まず、良く見かける、世界の時価総額ランキングの変遷です。

顔ぶれが全然違いますね。

平成元年の段階では、福岡男御三家(MSFT、AAPL、V)はランキングに入っておりません。

IBMが6位にいます。

不思議な世界ですね。

 

平成元年の日本企業はバブルの影響もあったんでしょうが、何かすごいですね。

銀行ばっかですけど。

バブル経済の事をテレビとかで振り返ると、一日で100万以上使っただの、休日は不動産を物色に行っただの、様々な逸話が出てきますが、地方はそうでもなかったようです。

私の両親は、二人とも熊本生まれなんですが、いつのまにかバブルになっていて、いつのまにかバブルがはじけたと言っていました。

田舎過ぎて、影響が波及する前にバブルが終わったのでしょうかね。

 

時価総額上位企業の国別比較表です。

アメリカが躍進、日本は没落しています。

日本の株価が正常に戻り、かつ伸び悩んだ一方、アメリカの企業が成長を続けてきた結果でしょう。

中国が、2番目に躍り出て、他の国もランキングに入るなど、世界の潮流は変化しています。

10年したら、また様変わりしているんでしょうね。

中国が大躍進、インドも躍進。

日本はソフトバンク当たりが健闘している、といった状況になるんでしょうか。

トヨタ、ソフトバンク以外で、このランキングに入りそうな企業は出てくるのでしょうか。

出てきてほしいですね。いや、本当に!

 

業種別変遷

業種別の変遷も興味深いです。

 

IT・通信、医療が躍進、金融・エネルギー後退、一般消費財の安定感。

 

やっぱり、IT・通信は伸びてます。

これを就活生に見せたら、エントリー先も変わりそうですね。

特に日本のような少子高齢化が著しく、資源にも乏しい国は、IT企業に活路を見出すべきだと思います。

政府がプログラミングを義務教育化したことは、方向性として正しいと思います。

私に子供が出来たら、そろばんとピアノを習わせて、プログラミングと英語が身につく環境で育てます。

従来型の教育では、たぶん裕福な生活を送れなくなると思うので。

 

まとめ

世界の潮流の変遷を知ることで、今の時価総額上位の企業も、いずれ移り替わっていくことが予想できます。

私の投資人生は、長くて50年くらいだと思いますが、5年、10年単位で大きくポートフォリオを見直さなければならないと感じました。

長期投資は確実な資産形成をする上で必要だと思うのですが、保有銘柄を数十年持ち続けることは、もしかしたら必要ではないのかもしれません。

その時、その時代にあった銘柄を取捨選択し、適切だと信じるポートフォリオを構成し続けるべきなんでしょう。

そのためには、常に相場と向き合い、常に情報を得ていくことが必要なんだと思います。

 

福岡男
福岡男
一つの銘柄を数十年持っているって、すごいことですよね。時代の流れについていける企業を見抜いたということですから。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



-世界情勢、投資等

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary