福岡男の独立奮闘記

~元公務員、元司法試験受験生、現会計コンサルタントが伝える、30代独身男の赤裸々な生活~

税務署、税理士、会社経営

メンタルを鍛える8つの方法!明日から即実践できる!

投稿日:2019年9月4日 更新日:

 

福岡男
福岡男
こんにちは、福岡男です!
今回は、メンタルを鍛える方法論をご紹介します。
私はメンタルが強いとよく言われるのですが、それは日々メンタルを鍛える方法を実践しているためです
。私が実践している方法が皆様のお役に立てば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

メンタルを鍛えることの重要性

日々、生きている中で、メンタルの強さは極めて重要なことです。

メンタルを鍛えることは、人生を豊かにする上で、必須のことだと思います。

現在の日本は、世界各国の中で最もストレスを受けている、というデータもあります。

メンタルを鍛え、ストレスを克服し、豊かな人生を手に入れたいですね。

 

何故、メンタルが弱くなるのか

では、そもそも、何故メンタルが弱くなるのでしょうか。

その原因を探ることで、メンタルを鍛える方法の手掛かりとすることができます。

メンタルが弱くなる原因① 感情のコントロールが下手だから

原因の一つとして、感情のコントロールが下手なことが上げられます。

生きていく中で、様々な出来事にさらされると、予期せぬ感情が沸いてくることがあります。

そうした、予期せぬ感情をうまくコントロール出来ず、心がパニックになってしまうのです。

その結果、心が疲弊し、メンタルが弱くなってしまいます。

 

メンタルが弱くなる原因② 未来予測

原因の一つは、人間の未来予測にあります

人間は、不測の事態に備えるため、未来を予測しようとします。

ただ、良い予測であればよいのですが、自己防衛のため、悪い方向に物事を予測します。

未来に対する悪い予測は、起こってもいないのに心を支配し、現実に直面している物事さえ、悪い方向に結び付けます。

そうして、心が悪い方向に支配され、メンタルが弱っていくのです。

 

メンタルが弱くなる原因③ マイナスに考える癖がついている

朝、起きて「会社に行くのが嫌だな」、「今日のプレゼン失敗しそうだな」など、マイナスに考える癖がついているのも原因の一つです。

本心でそう思ってしまうのではなく、そう思う癖がついてしまっているのです。

何事もマイナスに捕えてしまう結果、メンタルもどんどん弱くなっていきます。

 

メンタルを鍛える方法

 

では、どのようにすれば、メンタルを鍛えることができるのでしょうか。

メンタルを鍛えて、日々の生活を充実させる方法をご紹介します。

 

メンタルを鍛える方法① 自分を客観的に見る

方法の一つとして、自分を客観的に見るという方法があります。

ストレスにさらされ、メンタルが弱っていると感じた場合、今の自分がどう変化しているか、分析するのです。

鼓動が早くなっている、震えている、汗をかいている、喉が渇いている。

まずは、自分を客観的に分析して見るのです。

 

自分が、予期せぬ出来事に遭遇した時、人の心はパニックを起こし、メンタルが弱くなります。

ただ、客観的に自分を分析してあげることで、脳が情報を整理してくれ、少しずつ心の平穏を取り戻すことが出来ます。

これを日々繰り返すことで、情報を整理する力が養われ、メンタルが鍛えられるのです。

 

メンタルを鍛える方法② 将来を予測に対して答えを与える

私たちの心は、悪い未来を予測し、心が支配され、疲弊していきます。

まだ、起こりもしないことを予測し、悩み、結果メンタルが弱くなってしまいます。

未来の悪い予測は、心を支配します。

ただ、未来の悪い予測に対して、客観的で前向きな答えを与えてあげれば、心が解放されます。

例えば、仕事でミスをした場合に、上司に怒られてしまうと心が予測します。

上司に実際に怒られるか分からないけれども、心はそのことで支配されます。

そこで、「怒られないかもしれない」「怒られたとしても、クビになるわけでない」「自分のミスだから仕方ない。怒られた後、修正しよう」。

そういった答えをいち早く与えてあげるのです。

悪い予測で支配された心に対し答えを与え、開放してあげる癖を身に付けることで、メンタルが鍛えられていきます。

 

メンタルを鍛える方法③ ポジティブな人と過ごす

ポジティブな人と過ごすことでも、メンタルは鍛えられます。

人の心は、他者に同調するものです。

周りが大丈夫といえば、大丈夫な気がし、周りがまずいといえば、まずいと思うものです。

ポジティブな人と過ごせば、自分の心もポジティブになります。

ポジティブな人と過ごすことで、メンタルが鍛えられていくわけです

 

メンタルを鍛える方法④ 筋トレをする

筋トレはメンタルを鍛える上でも効果的です。

メンタルが弱い人は、情報に心が支配されやすい人です。

一心不乱に筋トレに励むと、その間は心が解放されます。

また、脳内物質も放出されるため、心のケアにも役にたちます。

筋トレを日々の生活に取り入れることで、メンタルも鍛えられます。

 

メンタルを鍛える方法⑤ 瞑想をする

瞑想は様々な効果をもたらすことが、科学的に立証されています。

大企業のエリートの中で、瞑想を取り入れている人は多くいます。

瞑想をすることで、心の中が情報から解放されます。

瞑想をすることで、情報処理に疲れた脳を回復させることが出来ます。

心が解放され、脳がリフレッシュすれば、ストレスに対して向き合うだけの準備が出来ます。

その結果、通常よりもストレスに対して抵抗できることになる、つまりメンタルが鍛えらるというわけです。

早く吸って、ゆっくり吐きましょう。

 

メンタルを鍛える方法⑥ 行動する

人間の心は行動によって決まります。

悩んだ時、困った時、取り合えず行動しましょう。

行動は何でもいいんです。

カラオケに行く、運動する、電話をする。

人の心は行動に支えられます。

考えこまず行動をすることで、心にも栄養を与えることができ、結果メンタルが鍛えられます。

 

メンタルを鍛える方法⑦ ポジティブな日記を書く

ポジティブな日記を書くことは、メンタルを鍛える上で、とても効果的です。

特に、自分にとってポジティブな出来事があった場合は、必ず書き出してください。

ポジティブなことを客観的に記述し、目で見れるようにすることで、心がポジティブな方向に向かいます。

ポジティブな出来事を追体験できるのです。

方法の③と同じような意味があります。

私も、毎日日記を書いています。

効果抜群です。

また、メンタルが弱った時は、日記を読み返してください。

メンタルが回復しますので!

 

メンタルを鍛える方法⑧ 感謝をする

家族、友人、環境など、感謝しましょう。

何か感謝している時、心は幸せな気持ちになっていますよね。

幸せな気持ちを日々感じることで、心が正常化し、メンタルも前向きになるのです。

幸せな気持ちを積み重ねることで、メンタルも鍛えられていくわけです。

 

まとめ

福岡男
福岡男
メンタルを鍛えることで、人生は豊かになります。これらの方法を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加



-税務署、税理士、会社経営

執筆者:

福岡男

自己紹介

こんにちは、福岡男です!

熊本、東京で生活した後、福岡に移住してきました。

当ブログでは、投資のこと、お金の事、仕事の事、生活の事(特に福岡での生活の事)を発信していきたいと思います!

 

カテゴリー

 

相互リンク集です(^o^)丿

ピッフィーの株式投資☆Diary